製品紹介

レベル計(連続タイプ) 水分計

  • 液体
  • 粘液
  • 粉粒
  • 塊体
  • 界面

113N シリーズ

オンラインで使用できる洗浄剤水分計
電子部品などを洗浄する洗浄液中の水分値を計測します


・洗浄剤と水の誘電率の差を利用し、静電容量の変化を測定することで、
 洗浄剤の中の水分値を計測・出力します。
・汚れ(フラックス等)の混入、及び、温度の変化にも対応します。
・ケーブル容量、その他浮遊容量を排除するガードシールドを設け、
 過酷な環境にも対応します。

■オンライン(リアルタイム)の水分計測が可能です。


温度補正、汚れ検知の機能により、下記の3機種を用意しています。
・GM-113N-EM:温度補正と汚れ検知付き最上位機種
・GM-113N  :汚れ検知付き機種
・M-113N   :低価格の廉価版機種
  • 外形図(PDFファイルを開く)
  • 本製品について問い合わせ
  • 会員限定カタログダウンロード
  • 製品の特長
  • 用途・実績
  • 標準仕様
製品の特長

特長


1. 汚れ(フラックス濃度)変化による誤差はわずかです
従来問題であった、フラックスなどの導電性物質(汚れ)の混入および温度の変化による影響は電導度、温度測定による補正演算を施すことにより、より正確な計測を可能にしています。

2. 過酷な環境に対応します
一端設置型としながら、ケーブル容量、その他浮遊容量を排除するガードシールドを設ける等、現場での取扱が容易で、過酷な環境への耐性を強化しています。

3. 取扱は極めて簡単です
電極部にはフッ素樹脂を採用し、高い洗浄性と耐食性を実現

4. センサ部は長寿命で耐腐食性に優れています


使用例




●水分計の設置について
・設置位置については、洗浄汚れによる水分測定への影響の少ない場所(上図のように洗浄汚れ除去装置後段、洗浄槽上部等)に設置して
 ください。
・検出部の液に泡が含まれると影響を受けます。泡の少ない場所に設置してください。
・水分計を温度変動の激しい位置に設置する場合は、温度補償を行うことをお勧めします。

●水分調整について
・水分調整水の補給位置は、洗浄液との効果的な混合を行うために、ポンプ前段に設置してください(上図参考)。
・急激な水分補給は、過剰な補給を招く恐れがあります。調整水の補給はなるべく流量を小さくし、徐々に行うことをお勧めします。


機能早見表





⇒ 本製品のお問い合わせは、こちら
⇒ 仕様確認シート(お見積もり用フォーム)は、こちら
用途・実績
用途 液体の分析(静電容量計測)  
測定物 液体  / 粘性液体  
詳細測定物 洗浄液  
接触・非接触 接触  
測定方法 静電容量式  
防爆 無し(非防爆)  
取付位置 垂直(上から)  / 水平(横から)  / 斜め(横から)  
標準仕様
アンプ部
型式GM-113N-EMGM-113NM-113N
電源AC105/210V±10V±10% 50/60HzAC105/210V±10V±10% 50/60HzAC105/210V±10V±10% 50/60Hz
消費電力40W10W10W
動作周囲温度常温~60℃ ※表示部のみMAX40℃常温~60℃常温~60℃
出力DC4~20mA 負荷450Ω以下DC4~20mA 負荷450Ω以下DC4~20mA 負荷450Ω以下
測定精度±1%±1%±1%
専用ケーブル長2m2m2m
センサ部
材質SUS304、PTFESUS304、PTFESUS304、PTFE

ページトップへ戻る

CLICK

製品を探す