事例紹介

用途別(レベル計)

高温・高圧・真空

化学・石油業界、素材業界、鉄鋼業界では、通常の環境でのレベル計測を行うケースと合わせて、過酷な環境下でのレベル計測を行うケースが多くあります。大規模なプラントや工場では、多種多様な製造工程でレベル管理を行っています。

ヤマデン君のコメント

最新の防爆対応製品に加えて、高温、高圧、真空、界面など難しいアプリケーションに対応します。また、通常の液体、粉体だけでなく、複雑な測定物の対応も可能です!

200~300℃の反応窯内の液面レベル計測


反応窯内の内部は200~300℃の非常に高温となり一般的なレベルセンサでは
許容温度を遥かに超えてしまい使用することが出来ません。


液体用の超高温・高圧プロセスに耐え得るセンサを開発しました。
また、高感度アンプを使用することにより、泡の計測も可能です。
稼働部の無いセンサの為、機械的なトラブルが無く安心してご使用頂いております。

推奨製品
高温(250℃)で様々な粉粒体をレベル検出



焼却炉の内部の残量検知を検討しています。
また、250℃の超高温の環境下で、微粉、灰、粉、塊体などを検出できる高温用レベルスイッチはありませんか?


当社の高温用振動式レベルスイッチを使用すれば、250℃の超高温の環境下で、微粉から塊体までの様々な粉粒体の残量検出をすることが可能です。
・見掛比重0.02の高感度を実現 ⇒「微粉、パウダー、灰などにも対応します」
・先端対荷重1kNを実現 ⇒「粉体だけでなく塊体の測定物にも対応します」

推奨製品
コークス、クリンカ等(350℃以上)の測定


コークスは高炉付近で貯蔵している為、非常に高温となり一般的なレベルセンサでは
許容温度を遥かに超えてしまい使用することが出来ません。


独自のセンサ構造により超高温・高圧プロセスに耐え得るセンサを開発しました。
業界最高クラスの700℃、許容圧力20MPa対応可能なセンサです。
稼働部の無いセンサの為、機械的なトラブルが無く安心してご使用頂いております。

超高温(コークス、クリンカ、焼却灰等)のアプリケーションに対応します。
超高温仕様についてお困りの事例がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

推奨製品

ページトップへ戻る

CLICK

製品を探す