事例紹介

事例紹介

用途別(レベル計)

配管取付

タンクの残量検知としてタンクの中では無く、次工程への配管にレベルセンサを取り付ける場合があります。また、配管の中に液体が流れているか否かを判断する為に、配管にレベルセンサを取り付ける場合もあります。


・配管取付の事例
・飲料メーカーの歩留まり改善

この事例について詳しく見る

高温・高圧・真空

化学・石油業界、素材業界、鉄鋼業界では、通常の環境でのレベル計測を行うケースと合わせて、過酷な環境下でのレベル計測を行うケースが多くあります。大規模なプラントや工場では、多種多様な製造工程でレベル管理を行っています。


・200~300℃の反応窯内の液面レベル計測
・高温(250℃)で様々な粉粒体をレベル検出
・コークス、クリンカ等(350℃以上)の測定

この事例について詳しく見る

界面・泡

化学・石油、素材、食品などの製造プロセスでは、水と油等の界面測定や、泡の測定が必要になる場合があります。但し、界面や泡も様々な物性や環境があり、その液種や環境に合わせた製品選定が必要になります。


・界面検出 界面計測
・泡検出 泡無視液面検出
・泡の層の計測

この事例について詳しく見る

粘性液体・付着対応

化学・石油、素材、食品などの製造プロセスでは、通常の液体の残量計測以外に、特性が難しい液体も存在します。スラリー、スラッジ等と呼ばれる粘性液体については、センサ部(電極部)への付着も問題になる為、液種や環境に合わせた製品選定が必要になります。


・スラリー スラッジ状の粘性液体の付着
・導電性の強い液体 粉体の付着
・接着剤の様に強力な固着する液体
・粉粒体や微粉の付着 堆積

この事例について詳しく見る

極低温・液化ガス

‐100℃以下の極低温での環境下でのレベル検出・計測や液化ガスの残量レベルの検出・計測の事例を紹介します。


・液化ガス用レベルセンサ

この事例について詳しく見る

ページトップへ戻る

CLICK

製品を探す