技術説明

技術説明TOP 初めてレベルセンサを扱う方へ

このページでは、レベルスイッチ、レベル計の初歩的な説明、動作原理、応用例、カタログや仕様書に記載されている用語説明をご紹介します。

レベルスイッチ・レベル計とは?

レベルスイッチ・レベル計の役割、
それは液体や粉粒体を「検出・計測」をすること。

「レベルスイッチ」とは、測定物の「有無」をポイントで検知するセンサです。「レベル計」とは、測定物の「残量レベル」を連続的に計測します。レベルスイッチとレベル計の詳細と大まかな選定方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。

レベルスイッチ・レベル計とは?ページへ

さまざまなレベルセンサの応用例

代表的なレベルスイッチ・レベル計について
簡単な動作原理とその応用例をご紹介します。

「レベルスイッチ」「レベル計」と一口に言っても、種類によって動作原理や検知方法、応用例はさまざまです。代表的なレベルスイッチ・レベル計の動作原理や応用例をご紹介いたしますので、レベルスイッチ・レベル計の仕組みに興味のある方はぜひご確認ください。

さまざまなレベルセンサの応用例ページへ

静電容量式について

液体・粉粒体、問わず測定できる静電容量式。
その動作原理を詳しく説明します

レベルスイッチやレベル計、水分計などに用いられている静電容量式。簡単に説明すると、タンクやホッパーなどに取り付けた電極周辺の電気的な状態の差で検知・測定します。液体や粉体など、多様な測定物を測ることができる測定原理をご紹介します。

静電容量式についてページへ

用語の説明

レベルセンサーのカタログで、
分からない用語はありませんか?

レベルスイッチやレベル計、その他センシング機器のカタログには、普段見慣れない専門用語も少なくありません。その中でも特に機種選定の際に知っておいた方が良い用語をわかりやすく説明しておりますので、機種選定の際にご活用いただけますと幸いです。

用語の説明ページへ

ページトップへ戻る

CLICK

製品を探す